神さまとのつながり

神さまとのつながり

★神さまとのつながり★

「あの人の集客はすごいのに、自分はまだまだ」
「人気があるコーチはいいなー」
どれも数年前の自分の心にあった言葉。
それを感じるたびに、心が痛んだ。
人をうらやむ自分。
人と比較する自分。

現世ご利益的な占いをされたことがある。
「あなたは成功します。沢山の人の人気者になりますよ」
その言葉がしばらく心に重く残っていて、
「なのに、私は全く人気がないし成功もしてない。
 何が間違っているのだろう?」
だから人と比較したり、自分に何かが足りないと過剰な努力をしたり。

星を読めるようになって、
彼女がなぜ「人気運がある」と読んだのか?
その理屈は正しいとわかったけれど、
自分のエゴを刺激するような言葉の魔術は
なかなか消えなかった。

占星術の呪い、魔術から回復するために信じたのは
「どんな人にも天命や使命がある。
 神さまと仕事が出来たら幸せだ」
ときに自分のエゴを刺激する星。
惑わすと書く惑星のエネルギーを
超える生き方をしたかった。
これを生きていたら、人を羨む必要はない。
だから毎日のように祈った。
「とほかみえみため」
神さまが微笑んでくれる人になれますように。
私がすることは「神さまのお使い」と思えますように。
そのために私が正しく生きていますように。

まだまだ評価判断、批判…。
心に不純なものが混じることもあるけど、
毎日その自分を懺悔して祓う。
今日もまた「神さまとの仕事ができますように」
自分のしていること全てが、神様の導きと縁だと信じるために
祈りを毎日重ねている。
ワークショップや集客が少ないときがあっても、
それは「そうある必要が神様にあったのだ」と
来てくれた方とのご縁を大切にできるようになった。
前は自分の実力が足りないのだ…とか思って落ち込んだのに。
「何がおきても神様の采配」と信じると、
素晴らしいことが場に起こる。
参加者が誰もいなければ、
その時間の読書は素晴らしい気づきにあふれる。

神さまの導きに人生を委ねれば、
沢山の人に会うことが人生の目的ではなくなり、
少数だけど神さまとのご縁が深い人に会えるようになる。
お金のため、エゴを満たすために「人に集まってほしい」と思えば、
それは同じ意識をもった人がくるのだろう。
いまはまだ神さまと縁を本気で結ぼうと思う人は少ないから。
いま自分に起きている現実は、世界の現実なのだと
慈悲の心で受け取れる。

 

 

 

 

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Facebookコメント欄

お知らせ

Read More