★本日にて卒業します★

占星術をつかった個人セッション、本日にて卒業します。
たくさんの方の出生図にふれました。
私は出生図、ホロスコープチャートを「魂の設計図」
または「魂のトリセツ」だと思っています。
その気持ちに一切の迷いはありませんが、
その出生図を超えて生きる人々が
この世界に徐々に出現していること。
自らもその一人として生きたい気持ちがあります。

プロの占星術家としての技術を高めたく
ここ数年は星の視点で人や事象を感じて生きてました。
しかし、それが「固定概念」になっていないか?と
あるときふと内省しました。
とくに相手を「●●座だから…」と思うと
相手の可能性ではなく、相手を枠組みの中に入れて
話を聞いてしまいます。
そして自分の直感ではなく
占星術の情報に軸を置いて相手を観ます。
次第に「直感」と「情報」の間で翻弄されました。
そして最近はようやく統合できました。
占星術の情報を「エネルギー」として感じれば、
情報と直感は共存できるものです。

実際、占星術はよく「あたります」
だって人間は宇宙のエネルギーで生成されているのですから。
宇宙の法則を読み解けば、人の傾向もわかる。確かにその通り!

だから私は誰もが宇宙の「エネルギーの流れ」に心を開き、
占星術の知恵を持って生きれば、
この世界の多様性に心が開かれる…と信じています。
人は誰もが違う。
でも「違いを尊重できれば」私たちは一つになれる…と。
それを表現したくて立ち上げたのが「星のまなびば」
対話による多様性…これが私の信念です。
その多様性への思いやりと理解から平和な世界が生まれる。
…それは私のビジョン。

それでも占星術の個人セッションを辞めたくなったのは、
自分でも本当のところはわかりません。
占星術をビジネスにする道には興味がわかず、
かといって専門分野としての探求にも
好奇心は動きませんでした。
でも自分なりに納得がいくまで学びました。
その成果は、ここ数年で恩返し出来たように感じます。
今まで私に沢山のことを教えてくださった
日本、世界の占星術の先達たちに感謝します。
そして、沢山の方々のホロスコープに出逢えて
みなさんの魂の探究に立ち合えて幸せでした。
本当に感謝です。ありがとう。

これからは情報によって推論される論理的な自己探求ではなく、
人間という肉体をもつ生来の感覚活動を通して
この宇宙、森羅万象の知識に至りたい。

早い話が、もっと自然のなかに身を置く…ということ。
なので早速に8月は一か月アメリカで修行です。
その大自然で生成された直感と慈愛をつかって、
この世界の変容に生きる「仲間、パートナー」を支えていきます。
今までのように七転び八起きしながら。

情報から生まれる言葉ではなく
相手の可能性を信じる心から
自然と生まれる言葉を伝えたい。
宇宙の中心にある真心に近づくために。

いままでありがとうございました!
大祓いの夏の日に~中西れいこ

 

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Facebookコメント欄

お知らせ

Read More