自分は宇宙に何ができるのか?

自分は宇宙に何ができるのか?
「国が何をしてくれるかではなく、自分が国に何ができるかを考えなさい」
ケネディ大統領の就任演説の言葉。
私はこの言葉をこう置き換えました。
「宇宙が自分をどう幸せにしてくれるかではなく、
 
自分が宇宙をどう幸せにできるかを考えなさい」
宇宙や占星術は自分を幸せにしてくれるツールではなく
宇宙や占星術というツールをつかって誰を幸せにするのか?
 
いまの社会はどこか絶望的で、政治や経済をみても
誰が自分の幸せを保障してくれるのか?と疑ってしまいます。
だから「宇宙なら保障してくれるのでは?」と
遠い空にお願いする気持ちもわからないでもないなぁ…と。
 
先日ふと立ち寄った書店の自己啓発本コーナー。
「宇宙の〇〇」「宇宙の流れにのって~」「宇宙の引き寄せ…」
一冊ではなく、何冊も並ぶ光景に唖然としました。
「宇宙」という言葉の洪水。
「宇宙」がマーケティングに消費されるのを感じつつ
本を手にとってみると「確かに…」と思うことが書いてあるけど
なんだかなぁ…。魂に響かない。
何が起きているんだろうか。
 
その時、ケネディ大統領の言葉を思い出して
半世紀もたっているのに
とても新鮮に聞こえたのが不思議でした。
(新鮮だってことは、私達の進化は牛歩なのだろうか)
 
大切なこととはこの言葉のように
“自分に何ができるか?”だと思う。
 
人や国が愛してくれないなら、宇宙が愛してくれるから大丈夫!
宇宙は決して裏切らない!…ってそうなのだろうか?
宇宙を自分の安全や快楽をもたらしてくれる
恋人やパートナーや、国や社会だと勘違いしていないか?
まして宇宙は恋人のように過剰な要求もしないし…とか?
いやいや、宇宙はそんな甘い場所ではないって。
 
愛情を求めるだけで、人を愛せない、国も地球も愛せないなら
それは宇宙を愛せていないのと同じ。
そして、最終的に宇宙は自分自身ですから

自分を愛せない人間になってしまう。
それはすごく、すごく哀しいことです。
 

まずは自分の周りの人を、
そして社会を国を、地球を愛して、
そこに愛をこめて生きることから、
宇宙と向き合う準備を、私は整えていこう。
まだまだ宇宙とつながっている…とはいえない。
命のゆりかご「地球」に守られて、まだまだ学びの旅のなかにいる。


そして、このような気づきを得られたから
宇宙ブームを作った方々には大変感謝する私です。
 

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Facebookコメント欄

お知らせ

Read More