自分no選択する、全体性のために選択するへ。

自分no選択する、全体性のために選択するへ。

「自分のための選択」から「全体性のための選択」へ。

「下降するエネルギー」と「上昇するエネルギー」。このシンプルな二つのエネルギーの法則が、フォースになる(意識を持つ)と、闇と光が生れるのだ…と思いました。下降するのが「物質化」するエネルギーで、形があるから「闇(影)」がある。上昇するのが「非物質化」するエネルギーなので、いずれは形がなくなるから「光」と言われる。そこに善悪もなく…ただワンネス(源)が、創造と浄化を繰り返すシステムなのだなーと感じました。どちらも二重性で、そのシステムのちょうど中間に人間世界があるのでしょうね。その創造のエッジの目の前には、すべてが含まれるカオス(すべてを内包するエネルギーの霊的世界)があり、浄化のエッジには個別化(分離している世界ー自然と人間の世界)がある。

すべてが法則のうえに生きてて、下降か?上昇か?は人間の自由意志で選択できる。そして、こんなややこしくて長い創造と浄化を繰り返すー進化の旅路であるのも、「自分で考えて決める」に導くため…と思いました。創造主の目的は、人間には計り知れない(笑) 映画インターステラーで伝えた本質もそこにあるのでしょう。

じゃあ、私はこんなことを秘教学で学んで、何を意図して生きるのか?いまの日本の政治や社会状況を感じると、「自分のために自らが選択するチカラ」へ、大いなる存在が導いているように感じます。社会では「何が正しいのか?」を誰もおしえてくれません。自分で考え、自分で選択していく。その選択が大きな社会の変化にチカラを与えるんだよ…と、創造主が時間をかけて学ばせようとしているフェーズ…といっても数年のスパンではなく…に思えます。(すでに実践している人には、選挙の投票率など、もどかしいですよね)

そして、いまが「自分のための選択」のトレーニング時期であるなら、私の意図はさらにもう一つ先にあります。「全体性(物質界も霊的世界も含んだグループ)にとって大切なことを、自分で選択するチカラ」へ人類が向くように…です。つまり「自分のための選択」から「全体性のための選択へ」。新しい組織論などに萌芽を感じますが、まだまだ人間世界での枠組みで、霊的世界は蚊帳の外です。それが私にはもどかしい(笑)。それが私を秘教学と出会わせた、私にある願い。そこで学んだのは「この地球の運命は、人間が及ぼす影響は確かに大きいですが、実はそれだけが決定的な素因ではない」…であれば、この地球の生命システム…という全体像で、人間がいる立ち位置はなにか?

でも私が望む「全体性のために選択するチカラ」の前に、「自分のための選択するチカラ」を、人間は獲得せねばならないでしょう。そのためにコーチングなど、様々なテクニックが必要とされている…と感じます。私の出番はまだ後なのでしょうね(来世かな)

じゃあいま私は何ができるか?…来世に使命は持ち越して、この人生を生きているうちに神智学、そして秘教学全巻を詠もう!…です。
あ?そこか・・・( ̄д ̄) なんともまぁ、個人的で野望のないオチで失礼しました!

追記:ずいぶんとブログをご無沙汰しました。秘教学の入門講座…という「かたち」にする作業に集中してました。まぁーブログ書かなくてもいいかーと、いい加減に思ってましたが、新しく出会う方に「読んでます!」と言われると、「あー申し訳ない!」と。ぼつぼつですが、今後ともよろしくお願いしますm(__)m

コメント

*

CAPTCHA


Facebookコメント欄

お知らせ

Read More