シャーマンの在り方「謙虚」

シャーマンのラーニングジャーニー。
9月のテーマは「謙虚さ」でした。
シャーマンになる入口にあるといわれる「謙虚さ」
この意識がないと、その道は歩けない…と言われます。
このテーマを差し出した時、
「後ろに下がること?」
「目立たないようにすること?」
「自己主張しないこと?」
日本人的な感覚での謙虚さ…だと思うと
しっくりこないよねーと話し合いました。
じゃあ、一か月意識してみて!

その一か月後の昨晩、
みなさんが経験したことを持ち寄って対話すると、
全く違った姿が現れました。
「自己信頼。自分の在り方に責任を持つこと。
 相手を自然に尊重すること。
 自然な好奇心をもって評価判断なく、対象を客観的に観ること」
決して後ろに下がることでもなく、自己卑下することでもない。
自己受容の上での謙虚さは本当に気持ちがいいね!

本物のシャーマンは、その人に大きな変容が起きても
「自分がしたこと」だとは決して言わない。
それは「あなたの自己治癒力と、自然界のチカラの結果だ」と。
その謙虚さを支えるのは、
自然界への絶対的な信頼と、人への奉仕の精神。
「自分が…自分が…」というエゴを超えること。
そうしなければ、自然界や宇宙との一体感は得られない。

そして来月のテーマは「奉仕」となりました。
奉仕ってボランティア活動じゃないよね?
シャーマンの奉仕ってなんだろうね?forest-483207_640

そんな対話が出来る仲間がこの世界にいることに
希望と勇気の光が灯りました。

私は「謙虚さ」というと思い出すのが、
熊野の「苔」。
そっと木や岩に住み着き、輝きを放ちながらも
寄り添う相手を活かしていく。
気高く自己主張もしていながら、
そこにいる空間を癒している。
気持ちよく育っているのだろうなぁ!
謙虚さと自己主張のバランスがお見事!だと感じる。

自分のなかの謙虚さを忘れたら
自然界が教えてくれる。
彼らはバランスを保って
お互いを活かしあう世界に生きているから。

 

 

 

 

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Facebookコメント欄

お知らせ

Read More